国民年金第3号被保険者とは

国民年金の被保険者は、第1号から第3号まで区別されます。それぞれについてまず確認していきましょう。

第1号被保険者

20歳から60歳までの自営業者、無職、学生などが該当します。

第2号被保険者

厚生年金の被保険者や共済組合の組合員が該当します。つまり、会社員や公務員などがこれにあたります。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている、20歳から60歳までの配偶者が該当します。ご主人が会社員で、年収が130万円以内の奥様は第3号被保険者、ということです。奥様が第2号被保険者で、ご主人が専業主夫、という場合はご主人が第3号被保険者となります。

第3号被保険者は、第1号、第2号被保険者の保険料支払いにより保障が成り立っており、保険料の支払いが不要です。配偶者である第2号被保険者が、二人分を支払っているという事ではなく、年金制度そのものが負担するという考え方です。

支払いが不要である上に、「納付免除・猶予」のように将来の年金受給額に減額があるということもないので、非常に優遇されている制度と言えます。

必要な手続きは?

第2号被保険者が配偶者を扶養にする際には、届け出が必要です。事業主を通してやりとりがありますので、例えば会社員が結婚をすれば、会社の人事から必要書類の提出を求められます。もともと共働きだったが配偶者が仕事を辞め、扶養に入るという場合もあると思いますが、必ず会社に報告して手続きを行いましょう。

必要になる書類は、「被扶養者(異動)届」と「国民年金第3号被保険者該当(種別変更)届」の2点です。収入を証明する書類や、離職を証明する書類が求められる場合もあります。

いずれにせよ、個人と日本年金機構で直接やり取りすることはなく事業主を通す形になるので、まずは上司や人事部に報告して、指示を仰ぐように覚えておくと良いですね。