厚生年金とは

会社から支払われる給料から天引きされる厚生年金保険料ですが、自動的に天引きされてしまうために、厚生年金の仕組みがよくわからない方も多いのではないでしょうか。厚生年金は、老後の生活の保障にもなるものですので、きちんと理解しておきたいですね。

厚生年金は、会社などに勤務している人が加入する年金です。

引用:厚生労働省

厚生年金は、国の公的年金制度のひとつです。会社などに勤務している人が加入できるものが厚生年金制度です。会社に勤務していない自営業や学生は厚生年金に加入できませんので、国民年金のみになります。

厚生年金の仕組み

日本の公的年金は、国民年金(基礎年金)と厚生年金の2階建て構造です

1
出典:厚生労働省

国民年金は、20歳以上60歳未満のすべての人が加入するものです。つまり、厚生年金に加入している人は、国民年金にも加入していることになります。

図でもわかるように、厚生年金に加入している人は、国民年金保険料にプラスして厚生年金保険料を支払っていることになります。天引きされている厚生年金保険料の中に、厚生年金と国民年金の両方が含まれているのです。

国民年金だけよりも、厚生年金に加入しているほうがお得です

厚生年金に加入している人は、国民年金だけの人よりも2階建ての部分の分だけ余分に保険料を支払わなければならないので、損しているように思われるかもしれません。しかし、厚生年金に加入しているほうが、国民年金だけの人よりも、もらえる年金の額が多くなります。

さらに、厚生年金保険料は、全額を自分で負担しているわけではなく、半額を会社で負担することが決められています。国民年金に相当する部分も含めて、会社が半額負担するため、全額を自分で負担しなければならない国民年金だけの人に比べたら、とてもお得な制度になっています。